Engraving  the  sights  for  your  mind ! 

看板 『TAKUMARO'S  FACTORY』


takumaroのつぶやき(ツイッター)新着5件


AGM(数学、柔道) TAKUMARO'S  FACTORY   新着ブログ

文字空間…

僕は『描く』という事をしているけれど…

僕は、今、基本的には、こうして文章を綴って、僕自身が観ている『景色』をあなたの前に提示する事を続けている。

生きていれば、生き続けていれば、何もしなくても、『何らかの情報』に取り囲まれる事になる。

この『何らかの情報』は、結構…厄介な代物である。良し悪し、善し悪し、光と影、内と外、…

何処から来るのかも解らないし、その『情報』が何を齎すのかも、未来にならなければ解らない。

誰もが、黙っていても、気が付けば『何らかの情報』に取り囲まれるのは間違いなく一つの事実だ。

例えば…

 

『殺』、『死』、『悪』、『黙』、『哀』、『悲』、『害』、…(キリが無いのでこの辺りで…)

 

あなたは、気分を『害』しているのかもしれないが、それは、知識として上記に列挙した『漢字(一文字)』の

意味する処を、あなたは、あなたの中に所持している。

それが(その事が)、今、この文字を観た事に依り、何かをあなたの中に引き起こす事を

しているからである。あなたが、知識という形で情報を保持していて、

それが、今、あるキッカケ(今、この文字を観た事に依り)で、あなたの中で化学変化が起きているのである。

 

今、僕は、解りやすい例を提示した。

『漢字(一文字)』だけでも、これを(それを)観た人は、その人が保持している『情報』と化学変化を起こす事に依り、

その人は何かを観る事になる。その化学変化は、記憶が蘇るのか…あるいは、何かを想像してしまうのかは、人それぞれだ。

 

このような、心の働きを

『文字空間』

と名付けたい。

 

人間の能力の凄さか…

あるいは、積み上げられて来たその人の経験(正確には、その人が保持している『情報』量の賜物か…)…

つまり、生きて来た証なのか…

あるいは、人類の進化そのものなのか…

とにかく、たった一つの文字からでも、何らかの

『文字空間』

が其処に誕生する。ああ…あなたが、気分を害したままでは良くないので…

 

『活』、『生』、『善』、『発』、『初』、『楽』、『喜』、『聖』、『誠』、キリが無いので、最後に

『笑』

 

「え?いや、僕が福の神ではないのだけれど、あなたの処には、『福』が行く事を願っています。」

 

「え?いや、僕は福の神だけでなく、様々な『神』とやらにも、どうも文句を垂れている事も在り、また、

実在社会に存在している『権威』という代物にも、文句を垂れており、ご覧の通り、『発言』には問題が在る…という事が

多いです。要は、そういう人達に嫌われておりますので…」

人に依っては、

「今日も『技(わざ)』が切れるね!」

と言ってくれた人もいますが…僕は、僕の中の公平性を保つために、このときは直ぐに補足(訂正かな?)しました。

「え…?問題児じゃないですか!しょっちゅう、『発言』に問題が在るという…『警告』を貰う事の方が多いというか…」

え?ああ…あなたは、こう言いたい!

「今日も、物凄い『業(わざ)』を観せるよね!」

 

他人が、観ると『礼儀』知らず…と言う事になるのでしょうか…でも僕からするとな…

権威者達からすると、僕は『害』その物なのでしょうか。僕は、僕で、そういう人達からいずれは『礼』を賜りたいと

思ってはいます。正式な『謝罪』とか。勿論、

『究極の権威者達』

も例外ではありません。

 

『究極の権威者達?』

 

赤ひげK先輩(高校時代の柔道部の先輩)に質問された。

「お前さ、いい『おっさん』になってさ、高校生でももうないのに、なんで其処まで一生懸命『柔道』するわけ?」

まあ…僕が『柔道』を一生懸命して、継続している理由は複数ある。この理由の詳細を述べだすとキリが無い。

でも、たまには、その『理由』の一つを描いてみたい。

「先輩には、何となく、『お話』はしましたけれど…本当に生きているとムカつく事、腹が立つことが沢山あるじゃないですか?しかも、納得も行かず、理不尽その物としか思えない…」

「…うん…それで?」

「まあ、この観点で、人が生きているという事、その行為は、『修行』とも言い換える事も出来るわけじゃないですか…」

「…うん…続けて…」

「人が生きて往く、その『修行』の成果をですね、示さずにはいられないんですよ!!!」

「…うん…」

「権威者たちや、責任のある人達は、本当に自分勝手な都合の良いような事ばかりを続けている。」

「…」

「ある人達は、本当に色んな景色が良く観える高い場所に陣取りながら、その責任も果たしていない。」

「…」

「なんだ、この世界は、なめてんのか?俺にここまで言われて、カチンと来る前に、悔しかったら、この『世界』から

『戦争』を無くして見せろ!」

「???」

「いや、幸いにしてですね、誰もが、少なくとも1回は、先ず最初に出会うであろう究極の権威者に会うじゃないですか!」

「は?」

「死神ですよ!死神!!!」

先輩は、此処に来て、笑いがこみ上げて来たらしく、必死にその笑いを抑えている様子だ。

「(ハハハ…)」

「取り敢えず、死神とやらを、払い腰で巻き込んで、そのまま、袈裟固めで呼吸が出来ないぐらいに固めてですね、

『おい、てめえ達の『為体(ていたらく)は』なんだ!それで、最後の最後に個人攻撃で、権威の維持か?』

と、言い放ち、取り敢えず、さらにボコボコにする。まあ、相手も死『神』なので、一筋縄ではいかないと思うので、

其処で後れを取らないためにも日々の(柔道)の鍛錬や稽古を続けているんです。取り敢えず、其処を目標に…」

「ハハハ…」

赤ひげK先輩は、しばらく笑い続けていた。ようやく、自身の笑いが収まってきた処で…

「君は、相変わらず『馬鹿』だよね…」

という、『いつもの決め台詞』を頂戴した。ちなみに、このときは、先輩が開業している接骨院での僕の施術中で、隣で

施術を受けているお客さんも、堪え切れず笑いだしていたのを受けて、先輩がそのお客さんに僕を簡単に紹介する。

「これ、一応、僕の柔道部の後輩です。ちょっと変わってますが!」

これも、『いつもの決め台詞』になる。そして、僕が続けて簡単な自己紹介をする。

「スイマセン…これでも後輩なんです。」

という、『いつもの決め台詞』が続く。

 

僕が、赤ひげK先輩の接骨院へ施術を受けに行くと、だいたい、こういう景色を周囲の人達は観る事になる。

ちなみに、皆さんには、

『究極の権威者達』

という言葉の意味は伝わりましたよね…このために、突然

『物語』

の一部が展開されたのですが…

 

『文字』という最小単位に始まって、

その構成する文字数によって、形式によって、内容に依って、様々な名称が与えられている。

 

文字、漢字、アルファベット、書、文章…

詩(短歌、俳句、等々)、キャッチコピー、タイトル、日記、随筆、小説…

 

いずれも、独特な

『文字空間』

が其処に誕生する。文字数が少ない物もある。ある程度の文字数を要求されたりする事もある。

 

確かに、小説や物語という形式で

『文字空間』

を其処へ提示するのなら、一定の文字数は必要のようだ。例えば、僕が確認しているのは、

7000文字から始まり、10000文字、40000文字、…

『小説(文庫本)』という形式に乗せるのなら、取り敢えず、13万文字から、15万文字を目安に

 『文字空間』

を其処へ提示する必要があるのだろう。

 

「本当に、面倒な手続きが多いよな…」

と、改めて感じる。また、

「僕は、僕固有の『道』を歩いているだけなのに…なんでこんなに関所があるわけ?」

本当にその都度、足止めを喰らう。

『文字空間』

を其処へ提示する作業にも色々な技術が必要のようだ。例えば、

『独特な言い回し』

の説明のために、新たに『何か』を描く必要が出てしまったり…とか。

でも、皆さんの中の、殆どの人が、こう思っているのかな…

「『何か』を描いている、あなたに、かなり問題があるんじゃないの?」

 …

「う~ん…誰もが、何らかの『問題』を抱えて生きているんですって…」

と、誤魔化したい処だが、どうも、僕は問題児のようだ。そして、問題児が故に、

『挙動不審』

と思われる事も確かに多い。

 

『挙動不審?』

説明すると、また長くなる。これは、また別の機会に説明をする事にしよう。

 

 takumaroは今日も往く!


続きを読む 0 コメント

AGM(数学、柔道) TAKUMARO'S  FACTORY   ブログ (最新5編)

www.factory-takumaro.com Blog Feed

文字空間… (水, 13 12月 2017)
>> 続きを読む

SNSについて…考える…(その9) (金, 01 12月 2017)
>> 続きを読む

SNSについて…考える…(その8) (日, 19 11月 2017)
>> 続きを読む

SNSについて…考える…(その7) (木, 09 11月 2017)
>> 続きを読む

SNSについて…考える…(その6) (木, 19 10月 2017)
>> 続きを読む


AGM(数学、柔道) TAKUMARO'S  FACTORY   これまでの全ブログ は・・・


AGM(数学、柔道) TAKUMARO'S  FACTORY ここに開設

 

本当に『自由』な『表現』をする。その活動拠点をここに定めて  

2016.07.06 記

ページ概要

  1. このページは『Jimdo』によって作成されています。(さらに詳しくはページ左下の『概要』をクリックして下さい。)
  2. このページのコンテンツ(写真、文章、詩、書、ロゴ、等々)は全て、このページの著者、takumaroの、まさしく『思想または感情を創作的に表現したもの』つまり、れっきとした『著作物』になります。どなた様も、私、著作者takumaroの著作権を侵害なさらないようお願い申し上げます。
  3. Copyright (C) 2016 TAKUMARO’S FACTORY. All Rights Reserved.

メールアドレス:takumaro@factory-takumaro.com