近況報告!?(2019.12.27~)

 

今回の記事は、20年振りに再会した友人たちにのために、

取り急ぎ、2019年12月27日(金)に簡単に書き下ろした。

その後は、僕個人が納得できる記事として、加筆修正をしている。

今日の日の記憶、空気が澄んでいて、良く富士山が見えた…

 

稀に、天気のいい日が、確かに在る。

「…今日は、天気が良いよな…空気も澄んでいる…」

実際の、景色も、天候と、その時の空気に左右される。そういった、『景色』ですら、見えない事が多い。

そもそも、昨今は、見えない事というよりは、『見せない事』の方が多いし、そのような事を国も推奨している。

この時の、人々の作り出す空気という物は、まあ、実際に創り出しているのは、為政者達だが、その空気は

光化学スモックよりも、酷いありさまである。

『この時の…』

と描き出したのは、今は、

『悪夢を見ている…』

という、期待をしているからである。為政者が創り出す空気は、過去も酷かったが、今は、もっと酷い。

未来の事は、僕にも解らない。もっとも…

立場が違えば、見える景色も違うようである。そう言えば、その人も

『悪夢の…』

という言葉を用いていた。

 

実際の天気の話に戻ろう。この日の天気は、本当に

「良い天気の中の、良い天気!」

のように感じた。昼間の情報番組『ゴゴスマ』

にて、確か、スカイツリーのカメラから東京湾アクアラインが、はっきりと確認出来る事を紹介していた。

見ていた、テレビ番組で、たまたま、そんな情報を入手した。直ぐに、玄関から、外に出て、

その瞬間の観える空と、感じる事の出来る空気を、身体で確認する。確かに

「良い天気の中の、良い天気!」

理屈ではなく、身体がそう感じていた。なので…

 

「少し、ドライブするか…」

ドライブをし、この日の外の流れる景色を堪能しながら、いつもの独り言が出て来る。

「ああ…そうそう…そうか…」

この街の展望台みたいな処へ行き、この日の記憶を記録に遺す。

それが、この富士山の写真になる。この写真の景色を、現実に体感しながら

「20年振りに…会う友達に…『何』を語るのだろう…」

最近は、どうも…独り言が得意技になりつつあるようだ。いや、待て!

『得意技』か?『習慣』か?『個性』か?、それとも、『(立ちの悪い)癖』か?

どうも…こうして、『表現』をしていると、このように、ハマる事が多い。

 

知らない人、解っていない人が多いが、記憶を記録に遺す行為は、物凄く身体に負荷が掛かる。

(僕の場合は、作業中は、夢中になっていて、後から身体に負荷が来る。)

知らない人、解っていない人が多いので、記憶を記録に遺す行為は、『公益及び公の秩序に反する行為』

と見なされる事が多い。

(僕の場合は、解っている。この国に、『表現の自由』が無い事も。)

知らない人、解っていない人が多いから、その空気は光化学スモックよりも、酷いあり様になる。

(僕の場合は、この空気に馴染めない。あなたは、この空気に馴染めるの?)

知らない人、解っていない人が多いからね…

(僕の場合は、知って驚いてしまった。『日本国憲法改正草案』

 

あくまでも、僕『個人』の近況報告であり、また、当然、其処には『自由』も在るはずだが…

生きて往くと、色々感じる事がある。取り敢えず、今回のお話を先に進めよう。

(多分…知っている人、解っている人は、この『部分』を見て、大爆笑をしている。)

 

これから…20年振りに…大学時代の友達たちと会う。…説明責任のために…

今、不思議な空間の中で生きていて、どんな事をしているかというと…

 

 写真や動画は、言葉で説明をするよりも手っ取り早い事もある。もっとも、写真や動画でも伝わらない世界がある。

多分、誰もが、何らかの組織に…所属をしている。住んでいる町、県、国、町民であり、県民であり、国民になる。

「町民なのかもしれない…県民なのかもしれない…でも、非国民なのは確かか…」

不思議な空間という一例である。

 

(現在書き下ろし中)

 

上記に挙げた動画は、大会に観戦に来てくれたHパパが撮影をして記録してくれたものである。

(20年振りに会う、友人のために、一時的にアップをした。)

昨今は、記憶にない。記録が無い。文書も適切に破棄しました…など、記憶、記録を残さない事が

流行りであり、また、そのような事を国も推奨しているが…

ただ…このような形で他人に見せると、確かに僕が今何をしているか…直ぐに理解してもらえる。

まもなく、友人たちに会うために準備もあるから…取り敢えず

(友人たちにと、色々な事がある事を再確認した。)

 

takumaroは今日も往く!

(2019.12.27~)

コメント: 0

ページ概要

  1. このページは『Jimdo』によって作成されています。(さらに詳しくはページ左下の『概要』をクリックして下さい。)
  2. このページのコンテンツ(写真、文章、詩、書、ロゴ、等々)は全て、このページの著者、takumaroの、まさしく『思想または感情を創作的に表現したもの』つまり、列記とした『著作物』になります。どなた様も、私、著作者takumaroの著作権を侵害なさらないようお願い申し上げます。但し、ページの閲覧は自由です。
  3. Copyright (C) 2016 TAKUMARO’S FACTORY. All Rights Reserved.

メールアドレス:takumaro@factory-takumaro.com