柔道曼陀羅

作品名:『柔道曼陀羅』

2018.02月中旬頃、作成

柔道曼陀羅(文章版)

 

我、この道に於いて、基本となる五行を漸く獲たり

その五行とは

一つ、総体『柔』らかく、臨機応変に対処、対応し…

一つ、その『道』に辿り着き、その『道』を歩み、その『道』を切り拓いて往き…

一つ、遺された『形』を知り、その『形』を会得し、その『形』を伝えて往き…

一つ、千日の稽古、『鍛』を積み上げ、万日の稽古、『錬』を成し遂げ…

一つ、何れかの機会ある毎に於いて、これらを『修』め続ける…

これが、五行なり

一代では、成し獲なくとも、道を示し、道で背中を見せ、道を継ぐ者へ託す

『自他共栄』『精力善用』

遺された二つの言葉を手掛かりに

五行を積むため、今日も往く

 

柔道曼陀羅(『背景』と『作品』の解説)

 日々、僕は気ままに『心』赴くままに生きて往く事を繰り返している。なので、基本、僕の『心』が動く事がなければ、まず、僕は動かない。よく…

「takumaroさん…なんか、また(作品を)『描いてよ』!」

と言われた処で、『作品』は『描けない』のである。実際に『作品』が描ける時には、

機縁と時機が重なる。(他にも、何かが重なっているのかもしれないのだが…感覚としてしか、僕には解らない。)

もう少し、言葉の説明をするなら、ここで言う

『機縁』とは、柔道を通じて出会った人達との『縁』の事を意味している。

『時機』とは、僕は、ようやく…少なくとも柔道を通じて出会った人達からの信頼は獲たのだろう。

いや、残念ながら僕の本質は全く変わってはいないのだが…

数年前に柔道を再開させて、1年程過ぎた頃に、知り合いになったある柔道家(今は友人)から…その日の稽古が終わり、

まったりとしている処で(この時間帯の事を、『おっさん達の座談会』と個人的に呼んでいる。)

「今度、合コンでもしませんか?」

と誘われた。で、即答が僕は出来なかったので、

「う~ん…1週間…考えさせて下さい。」

このときは、そう答えた。

で、1週間後の同じような稽古の後のまったりとした空間の中で、同じ質問がやはり来た。結局、僕はこう応えた。

「合コン…やらないで結構です。」

その方は、凄く驚いて、

「えっつ!?何で…ですか?」

と質問されたので素直にこう答えた。

「今は、柔道だけしていれば、十分です!」

その柔道家(今は友人)は一瞬

「(はっつ?)」

というような顔を見せ、しばらくしてから大爆笑をしだした。

「(何か可笑しなことを言ったか…?)」

笑いが収まってから、その柔道家はこう応えた。

「もっと、人生を楽しんだ方が良いですよ!!!」

そう言い切ってから再び笑いだした。

もう5年以上前の話である。でも、その時に、その友人に言われた言葉はしっかりと僕の中に残っている。

「もっと、人生を楽しんだ方が良いですよ!!!」

 僕の心が、

『人生を楽しむ』

ように動き出したのは、本当に最近である。逆に言うと、その友人が言った言葉の意味が解るまでに5年近く

掛かってしまったという事になる。多分、その友人がこれをみたら

「本当に…相変わらず…『頭が固い!』ですよね…」

と言い、そして笑うのだろう。まあ、これは、その友人だけではない。少し、追加補足すれば、

『頭が固い!』

とか

『話が長い!』

とか

相変わらず面白いよね!』

等、出会った柔道の師匠達にも言われる事である。

 

『場』が出来上がって…自分の居『場』所を再び見つけて…その中で、再び、

『僕』という個性を発信していく。『僕』という個性を発揮していく。ただ、問題なのは…

『僕』という個性の中に、『精神の自由』が大きく介在していることなのだろう。

故に、『僕』と『社会』は益々解離していくのだろう。年々、距離が離れている事を僕自身でも感じる。

この、『精神の自由』は、数学を極めて往く過程で僕自身が獲た物だ。僕個人では、大事な財産だが、

これを、もう…この国のような『社会』では、僕は人には勧めはしない。この国は、

『精神の自由』

を持つ者の存在を認めてはいない。(…少なくとも、僕はそのように感じているし、そのように考えられる景色を

個人的にも他人的のも、幾つも見て来た。し、今も現在進行形で、様々な処でこのような景色は展開をしている。)

「もし、あなたが、社会的な評価と立場を獲たいのならば…」

僕は、

『大きなすり鉢』と『大きなすり棒』を使った、

『調理方法』をマスターする事を、本気で人に勧める。

「(手に職を…とは、本当は、こういう意味なのだろう…)」

僕が、現実を見る限りでは、

所謂学校で、勉強する『国語』、『数学』、『理科』、『社会』、『英語』、…と言った教科の

『勉強(僕の、ツイッター上でこの言葉の意味は提示してある。)』

よりも、大事で重要な事なのだろう。

「先生(達)に、気に入られなさい!」

「先輩(達)に、気に入られなさい!」

「仲間(達)に、慕われなさい!」

そのための、技術を会得しなさいと…

公平性を保つために少し補うと、

僕は、『精神の自由』という言葉を用いているが、ある意味で僕は『社会不適応者』でもある。

つまり、あなたは、あなたでどうするかを決めればいいのだ。

『社会適応者(生きる屍として、力ある物に搾取され続けるか…)』になるか…

『社会不適応者(僕の言う『精神の自由』を獲得するか…)』になるか…

 

話を戻す。では、『精神の自由』を会得した事に依って、失う物ばかりなのか…というと、そればかりではない。

ありきたりの『表現』だが、それなりに獲た物も在った。少なくとも、

『精神の自由』

を持っていたからこそ、『場』が出来上がって…自分の居『場』所を再び見つけて…そういう事が出来たのだ。

だから、この『道』を歩き続ける事が出来たのだ。

そして、また、

僕の本質は全く変わってはいない…という事にも、自身で明確に気付けたのだ。

もう5年以上、物理的な時間の経過があるのだが、未だに、僕は

「…柔道だけ、していれば、十分です!」

という状態にある。

というか、5年以上の時間の経過で、益々柔道にのめり込んでいる。

週2日の稽古が…週3日、週4日…となり、今は、週5日の稽古となり…

僕の(公的な)所属である柔道クラブの方では、今年の1月から正式に指導者として迎えられ…

所属している、事実上の稽古をしている場所も、実質、3カ所で稽古をしているような状態になっている。

先日、とある稽古場所(3カ所の内の一つ)での稽古が終わり、その後の雑談で、其処へ子供達と一緒にいつものようにやって来るお母さんが、この時に…一言呟いた。

『此処は、柔道『馬鹿』が多いからね…』

5年前(正確にはほぼ6年前にもうなる…)に、僕は、親父に質問をした。

柔道を再開する前の話である。

「…強く成るには…どうしたら良い?…というか、そもそも、『強い!』とはどういう事なのか?」

この時の親父の回答は本当に早かった。なんという…反応の良いレスポンスなのか…

「『馬鹿』になる事だ!」

「『馬鹿』になる…?」

親父に比べて、当時の僕は、完全にレスポンスの機能が損なわれていた。僕は、あらゆる意味で完璧に壊れていた。

自身の中にある、たくさんの意識と無意識とで織り成す、現実世界とは離れた、別の世界に行ってしまう事が多かった。

「(…今も、そうか…)」

ただ…僕の外で、何かが起きている事だけは、感覚として解った。

そもそも、僕の目の焦点は合っていなかったのだろう。最初に僕が親父に質問をした時から。

僕に噛んで言い聞かせるようにして、親父は続けた。

「夢中になって、その事に打ち込めばいい!!。ただ、1つの事に打ち込めばいい!!!」

僕は、僕の外で、起きている何かを確認しようとする。

「…夢中になる…1とつの事を打ち込む…」

これらは、5年以上前の話である。

「(柔道『馬鹿』が多いからか…)」

この時に、僕の視界は、『業師K先生(僕が付けているあだ名)』と『極め!の方Eさん』の2人を先ず捉えた。

『業師K先生』は僕の柔道の師匠(の1人)であり、『極め!の方Eさん』はこの道で出会った友人になる。

そうか…今(このとき)、僕の視界に居る人達は、皆、この道で出会った人達だった。

あなたに、断って置きたい。僕が人に出会ったのは、僕が

「『道』に辿り着いたから!」

に他ならない。

 

僕は、今現在、実質3カ所で柔道の稽古を積んでいる。僕が不思議だな…と思うのは、同じ『柔道』のはずなのだが、

どうも、それぞれ雰囲気が異なるようである。そして、子供達のお母さんが言った一言

『此処は、柔道『馬鹿』が多いからね…』

僕は、僕で、少なくとも2重の意味で納得をしてしまった。

 

ここまでの藪漕ぎのような歩みを振り返り、そして、今後、この道をどう歩んで行くのか…

今後の僕自身のために、また、今回の機会に便乗して

『柔道曼陀羅』

を描き遺した。そもそも、『曼陀羅』とは、人はその一生を、どう生きて往くべきか、幾度も繰り返される修行の様を、

様々な形式で、仏教に載せて表現をした物。あるいは、そのような表現形式。を意味する。

今回、僕が描き遺した作品は、僕自身の感覚で『曼陀羅』という表現形式に則っていると感じた。それ故に

作品名を

『柔道曼陀羅』

と定めた。

 

「この道に辿り着こうとする者への、あるいは、この道を歩もうとする者への、道標に!」

『柔道曼陀羅』(文章版) +  『柔道曼陀羅』

 の両方で、そのような効果も僕は期待をしたい。

「(基本としては、少数派の『馬鹿』に対して…という意味である。)」

 

緑の台紙に描いたのは、畳の上で…という意味。

赤で描いた升目は、その畳の上で、血のにじむような努力を、五行に於いてする…という意味。

やがては、その五行に於いて、それぞれが、行を積んだ報いに応じて光を放っていく。…という意味。

遺された2つの言葉、『自他共栄』、『精力善用』、これらの言葉の意味を紐解く事が、さらなる五行の深化に繋がる…

という意味。

作品タイトルを『曼陀羅』としたのは、遺された言葉は、あるいは、あなたが必要とする言葉は、

他にも無数にあるという意味…

 

これが、不特定多数の共有財産になるのかは、不明だが、少なくとも、

少なくとも、これらは僕個人が柔道を再開して体得した財産の一部になる。

 

さて、今日は僕は喋り過ぎた。でも、機会が在ったから描けた。そもそも、機会がなければ、この性格である。

作品を描く事もしなければ、ここまで喋る事もなかったのだろう。念のため…

『あなたは、あなたで、どうするのか…あなた自身で決めて下さい。』

 

takumaroは今日も往く!

 

(補足)

 『精神の自由』という言葉は、以下からの引用。

 日本経済新聞朝刊 2018.03.16(金)

 Deep Insight:巨大デジタル企業の独占を許すな

 著:ジョージ・ソロス氏(米ソロス・ファンド・マネージメント会長)

 

(追記)

本作品

『柔道曼陀羅』

は、時機が来て、機会が合って、描けた作品になる。

あいつが、僕に話し掛けて来た。

「少しはさ…社会貢献をした方が良いんじゃないの?」

「社会貢献?」

「社会貢献出来るでしょ…そういうコミュニケーションツール(技術)を獲得しているじゃないか!」

「…成程…そういう事か…」

人との、コミュニケーションというのは、本当に僕にとっては難しい。昨今は、本当に物凄い深化と進化が同時に

進行している。

「良い意味でも…悪い意味でも…」

様々な、コミュニケーションツール(技術)がある中、SNS上において展開する技術の一つである

『Jimdo』

を僕は獲得した。あなたが見ている『これ』は『Jimdo』に依り作成している。具体的には

 

Jimdo

 

ある程度のホームページを作成するのに、『無料』で作成する事が出来る。

「僕は、思う処あって、有料版を使っているが…」

要は、『Jimdo』というソフトを使いこなす技術を獲得すれば誰にでも出来る。

「此処のホームページ、作成しませんか?…するつもりなら、僕がやりますけれど…」

僕の細やかな『社会貢献』である。いや…違うか…

『此処は、柔道『馬鹿』が多いからね…』

『士は、己を知る者のために死す』

だったと思うが、まあ、人を動かすのは、やはり、人である。さらに、今回の場合は、

「馬鹿のために、馬鹿が(正確には『大馬鹿』)動く」

という事が起きた。

師匠の1人が言ってくれた。

「良いね!!!」

僕は、皆に質問をした。

「ホームページのタイトルはどうしますか?」

僕のたくさんいるその場に居合わせた師匠の1人が応えた。

「『ジュウドウカタレンシュウカイ』…というのは、どうだい?」

僕が、大馬鹿である理由の一つが此処にある。通常は…

「『柔道形練習会』…というのは、どうだい?」

と、認識をするのだろう。しばらくしてから、僕も、これに近い認識に至る…

「『柔道』・『形』・『レンシュウ』・『会』…」

この辺りが、僕と社会との辛うじて存在する僅かな繋がりなのだろう。ここから僕の場合は、どちらかというと

社会と乖離する方向に動くことが多い。この場合だと

「『柔』・『道』・『形』・『レン』・『シュウ』…」

そして、さらに、今の僕が求めている物、必要としている文字を探しに、僕が動く。そして…

「『柔』・『道』・『形』・『錬』・『修』…」

さらに、一つ一つの文字が意味するものを紐解きに掛かる。

そして…

 

「大馬鹿の自己紹介はそれぐらいにしとけよ…」

あいつに、ツッコまれてしまった。物を言う時は、『結論』あるいは、『結果』を先に言うのが常道なのだが、

今回のお話は…全くの逆になってしまった。

いつもの事か…僕の場合は…

 

本作品

『柔道曼陀羅』

は、時機が来て、機会が合って(機縁となる人との出会いが在って)、描けた作品になる。そして、

その作品は、以下のホームページの看板に使用している。

 

ページ概要

  1. このページは『Jimdo』によって作成されています。(さらに詳しくはページ左下の『概要』をクリックして下さい。)
  2. このページのコンテンツ(写真、文章、詩、書、ロゴ、等々)は全て、このページの著者、takumaroの、まさしく『思想または感情を創作的に表現したもの』つまり、れっきとした『著作物』になります。どなた様も、私、著作者takumaroの著作権を侵害なさらないようお願い申し上げます。
  3. Copyright (C) 2016 TAKUMARO’S FACTORY. All Rights Reserved.

メールアドレス:takumaro@factory-takumaro.com