印象操作

 僕は、今している新聞の朝刊配達の仕事の関係で、天気を知りたいときに、在る局のテレビ局のdボタンを押して、

天気に関する情報を獲ている。で、いつものように、そのテレビ局のチャンネルにしたら、

なんか、記者会見が開かれていた。

「…印象操作という言葉に反応してしまって…」

その方は、色々な言葉を並べて説明をしていた。ここからは、あくまで、僕個人の感じ方である。

その方の、喋り方、映し出されるその方の映像、喋る内容に依る論点の外し方、その後、記者たちがした、その人への質問…

『これこそ、『印象操作』じゃないのか?(あくまで、僕個人の感じ方です。)』

そう感じ出してしまうと、何か…吐き気が催してきた。

新聞のテレビ欄をみたら、6時30分までの番組だったから、

「いや…参った参った…6時30分を過ぎたら、またチャンネルを見直そう…」

そう思って、1度、他局のチャンネルに切り替えた。で、6時30分を過ぎて…

「あっ!もう、終わったな…って…おい!まだ、やっている。」

番組の放送時間って、そんな簡単に変更されるのか?

そもそも、この日のこの時間(2017.06.19,の18:00から)

に、テレビ番組の一つとして『記者会見』が以前から組まれていた事なのか?

そう思うと、ゾッとして来た。そのメディア(テレビ局)は、公正、公平な立場なのか?

そして、そのメディア(テレビ局)の、その後の放送された番組の内容…

『これこそ、『印象操作』じゃないのか?(あくまで、僕個人の感じ方です。)』

改めて、権力者たちの立ち居振る舞いに感心した。本当に巧みだと思う。

ある他局の番組で、あるコメンテーターが言っていた。(記者会見の前の、前日の話である。)

「…本当に、戦前に『回帰』するような『流れ』ですよね…」

この発言を聞いていて…

『本当に…その程度で済むことなのか…?ヒトラーよりも質の悪い独裁者の誕生の瞬間を目のあたりにしようとしているのではないのか…(あくまで、僕個人の感じ方です。)』

そして、『流れ』という事にリンクして、この2,3日前に偶然、僕が観た、ある歌?詩?の映像を思い出した。

この、ある詩?歌?の映像も在る局のテレビ局が、その映像を流していた。

その詩?、歌?を唱っていたのは、オリンピックのメダリスト達だった。

皆、見た事のあるメダリスト達だ。1人1人が、強烈な個性があって、実際に、彼らが1人1人として番組に出ている時は

確かに、親しみのある強烈な個性を感じたりもする。しかし…

その詩?歌?は、ひたすら、メダリスト達が

『花は咲く!花は咲く!』

と連呼するだけの物に僕は感じた。あくまで、僕個人の感じ方です。そして…

1人1人が、強烈な個性を持ち合わせているはずなのに、その総体として出来上がった物に、僕は、不気味さと

その不気味さが原因の吐き気を催してしまった。(あくまで、僕個人の感じ方です。)

ある、高名な僧が言っていた事である。

全ては、自身の心が世界を創り出している

成程な…とも思うし、本当に、そうなのか?とも思う。だから、ここに僕がスケッチした景色は、

あくまで、僕自身の心が、創り出した景色

という事になる。

最後に、僕自身で、実は『花は咲く』を用いた句(詩)を以前、創り置きしてある。あまりにも、気持ち悪いので

口直しのために此処に披露する。先に、歌(詩)は、2句ある。2句で一つの詩になる。後半の句は『華(はな)』と

描き変えた。

 

『花は咲く 刹那の中で 運命(さだめ)知り 刹那の中で その舞見せる』

華は咲く 刹那の中で 運命(さだめ)知り 闇夜が故に その舞魅せる

 

さて、この詩を見て観た人は、僕にどんな印象を持つのだろうか?

(つづく)

 

追記:タイトルの『印象操作』としての話は、ここで終わりです。ただし、内容には続きを付けなければ…

と考えています。公平性を保つために。しかし、内容の続きになると思いますが…タイトルは変わると思います。

特に、今回の記事は、日常生活の情報の過多により、僕が吐いてしまって、吐き出された吐瀉物をあなたは、観ているかも

しれないので、その口直しは必要ですよね…やはり、僕の感じ方なのですが。

 

ページ概要

  1. このページは『Jimdo』によって作成されています。(さらに詳しくはページ左下の『概要』をクリックして下さい。)
  2. このページのコンテンツ(写真、文章、詩、書、ロゴ、等々)は全て、このページの著者、takumaroの、まさしく『思想または感情を創作的に表現したもの』つまり、れっきとした『著作物』になります。どなた様も、私、著作者takumaroの著作権を侵害なさらないようお願い申し上げます。
  3. Copyright (C) 2016 TAKUMARO’S FACTORY. All Rights Reserved.

メールアドレス:takumaro@factory-takumaro.com