録されて…『物語』が生まれる…

 

作品名(仮)『2017.03.31.未明』

 

  作品名は、仮で付けている。正確な、作品のタイトルはやはり、在るはず…なのだが…

そういう、細部に僕が入り込むと収拾がつかなくなる。なので、作品を描いた日時を、そのまま仮で、付けている。

これを見ている読者のために、そして、念のために…

常に、こういう作品が描けるわけでは無い。誤解しないように。良くも悪くも、そういう機会を獲て、そして、

その機会に僕自身の抱えている都合がリンクをして、さらに、僕の(やはり)都合を経て、作品が偶然(たまたま)

生まれて、そして、僕の(やはり)都合を経て、作品が世界に飛び出す。もし、作品名というよりは、その作品も込めた

物語としてのタイトルをつけるなら、

 

『坊主芸人A先生の話

 

となる。というか、背後に、それまでに紡がれて来た『物語』が存在して、それで作品が生まれる

少なくとも、僕の場合には、作品の背後には物語がある。今回は、そういう事態が起きてしまったので、先に

作品が世に出ている。しかも、額装までした状態のものが。

 

作品は『坊主芸人A先生(いつもの事のように勝手に僕の方で『あだ名』を付けている)』に贈ったものだけれど、

作品に関する感想は残念ながら、僕は、(僕だけでもないが…)『坊主芸人A先生』より聞くことは出来ない。

(心が清んでいれば聴くことは可能かもしれないが)

代わりに、『坊主芸人A先生』の息子さんが、現状を報告してくれた。息子さんも、やはり、機会を獲て

柔道を再開する事になった。柔道クラブでの稽古の合間にである。

「先日は、ありがとうございました。頂いたものは、家で大事に飾っています。皆で見ています。」

現状での作品の評価を、描いた僕が獲られる事は、通常は幸いな事なのだろう。

しかし、作品の評価やその価値は、これから時間を掛けて試される事になる。

勿論、僕自身の『覚悟』も、これから時間を掛けて試される事になる。

 

『坊主芸人A先生の話

 

は、僕自身の責任に於いて、機会を見つけて『描く』。

公表は、然るべき『形』、然るべき『場』でする事になるのだろう。

今回は、ここまでにする。これ以上は、ここでは描かない。

これまでの作品は…

ページ概要

  1. このページは『Jimdo』によって作成されています。(さらに詳しくはページ左下の『概要』をクリックして下さい。)
  2. このページのコンテンツ(写真、文章、詩、書、ロゴ、等々)は全て、このページの著者、takumaroの、まさしく『思想または感情を創作的に表現したもの』つまり、れっきとした『著作物』になります。どなた様も、私、著作者takumaroの著作権を侵害なさらないようお願い申し上げます。
  3. Copyright (C) 2016 TAKUMARO’S FACTORY. All Rights Reserved.

メールアドレス:takumaro@factory-takumaro.com