おっさん達の座談会(第一部)から~『国宝』~

いつものように、早めに道場に入る事が出来、この日も稽古の始まる50分前から自分自身のアップを始める。柔道教室の

稽古開始45分位前に、千日行者Iさんが現れる。お互いに、独特な『礼!』をもって相対し、そして、それぞれが、再び

自分自身のアップを始める。稽古開始35分位前に、ハンバーグ師匠Kさんが現れる。ニコニコした笑顔で互いに『礼!』をする。

こうして、徐々に道場に(柔道の)稽古をしにくる人が集まり出す。大抵の人は、『礼!』という形でのあいさつをし、そして、

自身のアップを始める…のだが、此処に一人の例外が存在する。

稽古開始25分前、その顔固めHさんが現れた。そして、道場に入って来ての第一声が…

「…あの…もう帰って行っていいですか…?」

冗談なのか、それとも、心の声が漏れているのか…なんか…自分の姿を見て観る気持ちになる。なので、僕は、こう返す。

「…顔固めHさんも…僕と一緒で『稽古不足』なんですね…」

すると、顔固めHさんは、こう返して来る。

「takumaroさん(僕の事)は、どうして、そんなに真面目なんですか!」

目を閉じて、その音の響きに僕は酔いしれる。僕の場合は、褒めてくれる人が、そもそも少ない。そういう人達は、圧倒的な

マイノリティーである。そして、また僕の場合は、この国、この社会から煙たがれる事の方が圧倒的に多い。こちらは、圧倒的な

マジョリティーになる。僕が『喋り過ぎる』事と内容で『カチン』と来させることが往々にして在るからなのだけれど…

まあまあ…そう言った僕の個人的な事情により、僕にとっての特殊な音の響きには、なんか…必要以上に僕は反応し、

必要以上に僕は何かを求めに行ってしまう。

「…Hさん…スイマセン…良く聞き取れなかったので…もう一度言ってもらって良いですか?」

この手の僕の願い事を顔固めHさんは、快く引き受けてくれる。

「takumaroさん(僕の事)は、どうして、そんなに真面目なんですか!」

目を閉じて、改めて、その音の響きに僕は酔いしれる。

「スイマセン…確認の意味で、もう一回…」

「takumaroさん(僕の事)は、どうして、そんなに真面目なんですか!」

僕はその音の響きをしゃぶりつくす。そして、人間の『業』の深さを、こういう処でも、僕自身を返して感じてしまう。

感じてしまうのだが、もう止まらない。

「あの…Hさん、演出家takumaroになって良いですか?」

「はあ?

「つまりですね…

『takumaroさん(僕の事)は、どうして、そんなに真面目なんですか!』

とではなくですね…何と言うか…『溜め』…をつくってですね…

『takumaroさん…どうして、そんなに……真面目なんですか!!!』

これで、頂いてよろしいですか?

顔固めHさんは、僕の言わんとしている事を理解してくれたようだ。僕の方を見て、親指を突き立てて見せて、ニンマリ

笑った。そして、呼吸を整えて、少しの間を作った後に…

「takumaroさん…どうして、そんなに……真面目なんですか!!!」

蕩ける様な感覚とはこういう感覚なのだろう。

隣で、千日行者Iさんがアップをしながら、僕と顔固めHさんのやり取りをクスクス笑いながら聞いていたのだが、

さすがに、演出家takumaroが出て来た処で、耐え切れずに声を出して笑いだしていた。その、千日行者Iさんを見て

僕は言った。

「いや、こんなので良ければ、いっぱいありますよ!」

止まらない…どころか暴走が始まる。今度は脚本家takumaroが出て来る。

「質問なんですけれどね…Hさん!」

「はい?」

「『道』って知っています?」

「いや~…ちょっと…」

「僕が歩いた処が『道』なんです!」

この当たりの反応はHさんは、抜群である。既に演出家takumaroの指導を経験している。

少し、『ポカン』とした顔をし、そして、しばらくしてから『ハッ』とした顔をし、そして最後は頷くようにして

「なるほど~!!!」

暴走はまだ続く。

「Hさん、『国宝』って知っています?」

「さあ~?」

「僕の事です。」

千日行者Iさんは大爆笑をしていた。さらに、ここに、顔固めHさんの絶妙な間と、多分…アドリブが入るはずだった。

しかし、世界が僕の暴走を何処までも許す訳もない。

この、柔道教室の道場主とも言える『ちゃらんぽらんYさん』は何時の間にか道場に来ていて、そして、どこからかは

不明だが、僕と顔固めHさんのやり取りを聞いていた。そして…僕は鉄槌宣告を受ける事になる。

「…takumaroさん、今日はボコボコにしますから…」

自然に心からの声が漏れてしまう。

「え~!!!」

このやり取りを見ていた千日行者Iさんが、ニコリともせずに

「takumaroさん、良かったじゃないですか!『稽古不足』が補えて!!!」

再び心からの声が漏れてしまう。

「え~!!!」

ちゃらんぽらんYさんが続けた。

「大丈夫ですよ。takumaroさんだけじゃないですから…」

何が大丈夫なのか?今度は、勘が働いた顔固めHさんが

「え~!!!」

となった。再び、千日行者Iさんが巧い事を言った。

「丁度良かったじゃないですか…お二人とも『稽古不足』が補えて!!!」

この日の稽古…顔固めHさんがどうだったのかは僕は知らない…

一方で、僕の方は、本当に大変だった。

「(そろそろ、僕を『(人間)国宝』としての待遇をする人が現れても良さそうなのだが…)」

こういう事を喋っているからかもしれないが、中々、僕の待遇は改善されないでいる。

それでも、稽古は続く。

takumaroは今日も往く!

ページ概要

  1. このページは『Jimdo』によって作成されています。(さらに詳しくはページ左下の『概要』をクリックして下さい。)
  2. このページのコンテンツ(写真、文章、詩、書、ロゴ、等々)は全て、このページの著者、takumaroの、まさしく『思想または感情を創作的に表現したもの』つまり、れっきとした『著作物』になります。どなた様も、私、著作者takumaroの著作権を侵害なさらないようお願い申し上げます。
  3. Copyright (C) 2016 TAKUMARO’S FACTORY. All Rights Reserved.

メールアドレス:takumaro@factory-takumaro.com