最近は…(変わらぬ景色)

「今日も天気が良いな…」

僕にとっての、変わらぬ景色が在る。

「…あの人たちは、一体…何を考えているの…」

僕にとっての、変わらぬ景色が在る。

昨日(2017.01.22)もいつものように、柔道の稽古、形の稽古に行ってきた。

今、僕は諸事情により『固の形』を新たに勉強している。

僕にとっての新の形の勉強が始まると、当初は…

「ぐわっつ!!!」

とか、

「うわって!!!」

とか、

「あっつつつ!!!」

等々といった『奇声』が道場内に木霊する。すると、昨日の場合は

取りの若い子が

「あっつ!すいません。大丈夫ですか?」

これに対して

「うっふ…大丈夫…」

と僕が答える。解らない人のために、柔道の『固の形』…

技は全部で15本…そのうち

5本が絞め技、5本が関節技…

僕が『奇声』を道場内に木霊させるポイントは実にたくさんある。そして、

僕のこんな様を観て、先生達は笑う。

「takumaroさんは、…やっぱり、良いキャラクターだよな~」

しみじみと、先生の一人であるレスラーO先生が独り言のように呟く。そんな、

僕にとっての、変わらぬ景色が在る。

いつも色々な、事をしていて、収拾がつかなる事が多い。

そして、その色々な事がどんどん溜まってくる。そんな時、いつも僕の中で

「やばいですよ!!やばいですよ!!!」

すると、あいつが

「どうするの!どうするの!!」

と笑いながら僕の事を煽り、そして

ニタニタ笑いながら、準備体操をしながら、時折、僕の方を見て

にんまり笑う小人君がいる。

僕にとっての、変わらぬ景色が在る。

そして、あれだけ溜まっていたものが、堰を切ったかのように、ここから無くなり、

ある日、突然、人々の前に『物語』として現れる。

僕にとっての、変わらぬ景色が在る。

僕にとっての、変わらぬ景色が在る。そんな景色を観つつ

「サボらない程度に、のんびりやっていきますよ!」

すると、あいつが

「のんびり…」

あいつが、小人君に何か指示を出す。小人君は、仕事が出来て嬉しそうに笑い

自然本体で僕にニタニタ笑いながら近づいてくる。

「うわわわっつ…ちゃんとやります。必死の中でやります。!!!」

すると、あいつが親指を立て、小人君も親指を立て、僕もつられて親指を立てて、そして

皆して笑う。

僕にとっての、変わらぬ景色が在る。

そんな、景色を観つつ、僕は今日も往く。僕らは今日も往く。稽古はこれからも続く。

 

 

 

ページ概要

  1. このページは『Jimdo』によって作成されています。(さらに詳しくはページ左下の『概要』をクリックして下さい。)
  2. このページのコンテンツ(写真、文章、詩、書、ロゴ、等々)は全て、このページの著者、takumaroの、まさしく『思想または感情を創作的に表現したもの』つまり、れっきとした『著作物』になります。どなた様も、私、著作者takumaroの著作権を侵害なさらないようお願い申し上げます。
  3. Copyright (C) 2016 TAKUMARO’S FACTORY. All Rights Reserved.

メールアドレス:takumaro@factory-takumaro.com