久々の稽古…と恐怖の連続稽古

今年の夏は、柔道教室の方はそもそも、柔道の稽古そのものが少ない。なので、

其処に便乗して、素直に身体を休ませている今日この頃である。物事は、本当に言いようで…

現実としては稽古をサボっている事に近い。正確に表現するなら、実際に稽古は無いので、

其処に便乗して、身体がサボっている。今年の夏の入り方はそんな感じだ。けれども…

年に2回、おっさんにとっての(おっさん達にとっての)恐ろしい週間がやって来る。

寒稽古と、暑中稽古がそれだ。普段通りの柔道の稽古が、火、水、木、金、と4日連続して行われる。

それだけなのだが…本当に2日目以降は…筋肉痛との戦いである。(自分との戦い)

歳を取ったことは認めたくないが、この寒稽古や暑中稽古の2日目以降は、昔の高校や大学時代の柔道部の合宿のときと

同様の身体の感覚になる。今回は、どこまで無事に稽古を積むことが出来るのだろう。

いよいよ、今日からその暑中稽古が始まる。

ページ概要

  1. このページは『Jimdo』によって作成されています。(さらに詳しくはページ左下の『概要』をクリックして下さい。)
  2. このページのコンテンツ(写真、文章、詩、書、ロゴ、等々)は全て、このページの著者、takumaroの、まさしく『思想または感情を創作的に表現したもの』つまり、れっきとした『著作物』になります。どなた様も、私、著作者takumaroの著作権を侵害なさらないようお願い申し上げます。
  3. Copyright (C) 2016 TAKUMARO’S FACTORY. All Rights Reserved.

メールアドレス:takumaro@factory-takumaro.com