新しい活動拠点を獲て、久々に…

新しい、活動拠点をここに獲て、ようやく、こうして『何か』をブログとして描く。

活動拠点は、未だに工事中の感もぬぐえないが、でも少しは『情報』は発信したい。

 

先ずは、何故、場所を変えてなのか?

誰もが、『自由』を保持し、『表現』するという権利を保持している。この『表現』されたもの

つまり、『思想または感情を創作的に表現したもの』を著作物と呼び、その創作した人の事を著作者と呼ぶ。

著作物が出来た段階で、その著作者に一定の権利が派生して、その権利を著作権と呼ぶ。

僕は、数学の研究活動もしているので、『何か』を創作する事の苦しみは、何度も経験をしている。

僕の場合は、確かに創作することは好きなことだ。けれども、簡単に創作が出来るわけではない。

場合によっては、数年、人によっては数十年の歳月を経て、ようやくその作品が完成するものだ。

例えば、僕の書いた数学のある論文は、本質的なアイディアから、それが正式な査読付きの論文雑誌に掲載されるまでに

10年の歳月を要した。もっとも、10年の歳月の間に、論文の中身(コンテンツの)深化と進化はそれなりに

獲られたけれども

それから、このホームページの『takumaroの活動』の中に書と詩で、

『一枚往生録』

を紹介したが、前半の2句が出来るまでに、1年…さらに、後半の2句が出来るまでに、1年…

都合2年の歳月を費やした。実際に書では、2枚は失敗し、3枚目でようやく書き上げた。この3枚を書くのに

3時間を費やした。さらに、その中身(内容)には僕自身が抱えている『何か』が含まれている。

こういった創作活動という過程を無視して、出来上がった創作物、つまり著作物とその権利、著作権を

平然と著作者から奪い去るシステムが存在する。しかも堂々と…

(ホームページの『ページ概要』の部分は、そういったシステムに対する徹底抗戦とも言える。そもそも当たり前の権利を

主張しているだけなのだけれど…)

僕の人生の中では、初めての事ではないのだが、

本当に、組織や国が考えている事は…

 

『人々に 五枚舌にて 夢見させ 実る果実を 奪うハゲタカ』

 

今は、丁度、選挙の直前…僕が観ている景色は

 

『時季来れば 口が立つ立つ 五枚舌 事が済んだら 見せる本性』

 

もっとも、彼らと同じように大人になれれば、何の苦労も、苦しみもないのだろう。

けれども、僕は大人には成れない。そして、この個性…それらは、

 

『疑心獲て 暗鬼を宿し 観る世界 黒に染まれず 住処獲られず』

 

今は、取り敢えずの活動拠点を獲た。また、再び、こうして『表現』をして往こうと思う。

出来る事を続けて往く。それだけだ。

 

 

ページ概要

  1. このページは『Jimdo』によって作成されています。(さらに詳しくはページ左下の『概要』をクリックして下さい。)
  2. このページのコンテンツ(写真、文章、詩、書、ロゴ、等々)は全て、このページの著者、takumaroの、まさしく『思想または感情を創作的に表現したもの』つまり、れっきとした『著作物』になります。どなた様も、私、著作者takumaroの著作権を侵害なさらないようお願い申し上げます。
  3. Copyright (C) 2016 TAKUMARO’S FACTORY. All Rights Reserved.

メールアドレス:takumaro@factory-takumaro.com